2017年5月24日 (水)

カラーコットンの発芽率良し!




カラーコットンとか。
発芽率高くて良かったー。

秋ごろには、赤、茶、緑、白の4色の綿が収穫出来る予定です。

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

カラーコットン種蒔き




昨年手に入れたカラーコットンの種を蒔きました。

名付けて「南総色綿計画:nanso colorcotton plan」(`・∀・´)

とかやると今っぽいですが、これは冗談。

展示会なんぞを開いていて思う事は、繊維のことをもっと分かりやすく伝えられたら、自分のやっている仕事の一端でも、理解して面白がって貰えたら良いな。
と、考えた次第。

和綿を育てた事はあるのですが、カラーコットンは初挑戦です。





茶、赤、緑、大ぶりの白の4種。

大分暖かくなってからの方が良いそうなので、汗ばむくらいの陽気の今頃蒔きました。
さて、発芽してくれることを祈ります。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

国産の染料を育ててる




わさわさしてきた、西洋茜の畑。

染料になるまで数年かかるので、実用性があまりないですが、ちまちま育ててます。
株分けして3年ほど経つ今年は、収穫です。
秋頃かな。

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

藍染ブックカバー売り出し中




これから売り出そうとしている(一部販売しております)文庫判のブックカバー。
商品説明とか、マイナーチェンジが必要になると思うので、好きなカフェに行って自分でも使う。

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

残り2点になりました。

藍染流木2点ご購入いただきまして、こちらの2点になりました。

ありがとうございます!

デニムを取り扱っているお店さんや、藍染が好きな方、オシャレな流木をお探しの方へ。
おすすめです。









価格は、¥2000(税込)にて販売しております。
お問い合わせいただいた後に、送料など詳細のご連絡をいたします。
ご注文やお問い合わせは、下記まで。

天然色染屋 古今
kocon@nifty.com

お待ちしております!

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

藍染め流木の販売











藍染めした流木を販売してます。
南房総白浜で採れた流木。

大きさや厚み、重さなど様々ですが、どれも2000円(税込)での販売です。
店舗インテリア、お部屋のインテリアなどにおすすめです!

アパレル関係の方、古道具を扱うお店の方へ、インテリアや写真撮影などにお使いいただきたいと思っております。

こちらの流木が、早速売れて行きました!
ありがとうございます。





送料などの詳細は、お問い合わせいただいてからご連絡します。

天然色染屋 古今
代表:大森 佳三
mail:kocon@nifty.com

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

岡山→千葉→大阪








大阪の、株式会社ふく江さんが主催するバックファクトリー「artigiano:アルティジャーノ」から、極厚刺し子と極厚ブルレザーを使ったバックが届きました!






写真では何度も拝見していて、かっこいいなぁ〜とずっと思っていてのですが、実物は、もっとかっこいい。やばいです!





生地:岡山のクロキさん→染め:千葉の古今(私)→バック:大阪のふく江さん。
こんな流れで、こちらのバックが出来ています。

詳しくは、アルティジャーノのHPを。その他にも、色々なバックの紹介や素材など見応えのある内容が掲載されてます。

もちろん。ご注文も出来ますので、ぜひぜひよろしくお願いします。
お近くのかたは、実物を見て下さいね。

アルティジャーノ:http://bag-artigiano.com/

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

染料畑@土づくり




目指せ染料畑作り!

土づくりの最終工程。
魚粉を撒いて、耕す。





20キロの魚粉を5袋を、風に任せて袋をブンブンして巻きました。(魚粉、、高かったー)
身体中が、漁港の匂いで、猫と友好関係を気づけそうです(^^)

そして、耕運機でうなって。





昨日ゲットした、パッションフルーツの苗をセット。

藍や小鮒草は、別で種蒔きをしてからなので、ちょうどその頃に魚粉が馴染んでいる予定。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

春の展示会最終日




「古今」春の展示会の最終日です。
南房総は、今日も晴天に恵まれました〜。

本日も、13:00より開催です。
皆様のお越しを、心よりお待ちしておりますʕ •́؈•̀ ₎





季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(おおもり)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

春の展示会始まりました




南房総の老舗旅館、紋屋さんで展示会始まっております。

早速、何点か売れて行きました‼︎
ありがとうございます٩( 'ω' )و

南房総いい天気です。ぜひぜひ紋屋へ。
場所が、わからないなどありましたら、下記の携帯か、フロントへお願いいたします。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。





4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。

季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(おおもり)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。









| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

極厚刺し子のトートバッグ




極厚の刺し子をメインに、綿帆布を、紙のような質感に仕上げた紙帆布のラインを入れた、シベリアストライプ。

○シベリアは、カステラに羊羹を挟んだレトロなオヤツで、そのシベリアを元に作りました。

ポテッとした雰囲気が魅力です。

明後日、南房総で開催する展示会へは、この2パターンのトートバッグも並びます!





4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。

季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(オオモリ)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

春のコットンショール




来月の展示会に向けて、染めたり縫ったりの日々です。
いつもの事か。

あみあみコットンショールの、板締め柄が仕上がりました。





75×200の大きめサイズと、あみあみの生地目が可愛い、春にオススメのアイテムです。
板締め¥9,470(税込)
色無地¥7,850(税込)





柘榴で黄色に染めた後、藍の板締め絞りで、裾の部分を縞にしました。

たまには、アイテム紹介も(笑。。

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

展示会開催のお知らせ




4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。


季粋の宿 紋屋
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(オオモリ)








こんなに広いお部屋




部屋からの眺め。
オーシャンビュー(笑




オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

1dayshopのお知らせ




明日3月11日の1day shopは、13:00〜17:00のオープンになります。

小春日和の南房総館山で、皆様のお越しを心よりお待ちしております٩( 'ω' )و

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

新調しました




6年間愛用してきた、スチームアイロンが壊れてしまったので、新調しました。

10年大事に使おう。

午前中の作業途中、急に壊れてしまって、amazonに急いで注文をしたら、夜には届いてくれたので助かりました。

でも、午前中に頼んでその日に届くってすごいよなぁ。しかも、電気屋さんで買うよりも物によっては安く手に入るという便利さ。

田舎で仕事をしている僕としては、ありがたいサービスで、とても助かりました。

ヤマト運輸さんを始め、他方ありがとうございます。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

刺し子バカになる




刺し子を使ったバッグ作りに、より一層力を入れています。

刺し子を使いたいと考え始めたのは、4年前。刺し子を、定番として置いている仕入先であったのは、一昨年のこと。

天然染料との相性の良さに、日に日にベタ惚れ状態な私ですが、まだまだ刺し子織の事は、ほとんど知りません。ちゃんと調べていないというか。

なので、時間がある時に、もっと刺し子織について理解をしようと考えました。

要するに、刺し子バカになる!

☆ここで言う刺し子は、柔道着や剣道着、古くは消防団の半纏に使われている生地のことです。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

紙帆布:砧打ち作業




綿帆布を、紙のような風合いにする技法(加工)

紙帆布:paper sailcloth作りの、砧打ち作業。

小鮒草で染めた、黄色い生地は、自然にできる蝋ムラが良い感じ。

どこまでも手作業バカだと思う。

でも、僕みたいに個人でやっていると、中途半端にお金をかけて機械的にするよりも、手間と時間はかかるけど、手作業の工程を無理なくやる事が、お客さんへのアピールに繋がると考えてます。

人の手から手へを、より分かりやすく伝えたい。

でも、口説くならない様に。。。

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

日本の古布




昨年から、工房の代名詞にしたい刺し子織。

写真は、茜とミモザという天然染料で染めた後に、でんぷん抜染(ばっせん)という技法で、表面の色だけ抜いて、凹凸を際立たせて立体的に仕上げている様子。

刺し子織は、江戸時代〜最近まで火消し半纏にも使われたり、身近なところだと剣道着や柔道着に使われている布。

昨年この布を手にした時から、惚れ込んでしまって、各所に売り込んでます(笑。





これは、藍染した刺し子。

手前味噌なんですが、かっこいい(´∀`*)

色違いで、茜色のものもあったのですが、お客さんの元へ嫁ぎました。
大事に使ってくださっているようで、作り手としても嬉しい限り。


たまにこんなことを考える時があります。
繊維産業の大きく発展するきっかけになった、イギリス産業革命。
この時に、一世風靡したインド産のキャラコという綿織物。
これが、もしも日本の刺し子織だったら、どんなものが作られていたんだろう?という事。

そんな事も考えながら、商品づくりをするのが面白い。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

1day shop開催中




1day shop
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6609.JPG

毎月第2第4土曜日には、1day shopというのを開催しています。

普段の作業中は、工房を開けていないのですが、月に2回だけお店としてオープンしてます。
何でいつもやっていないの?と言われることはありますが、作業中に接客という事が出来ないし、かと言って、お断りするのも心が痛む。という事で、日にちを限定してオープンしている次第です。





人通りの少ない田舎なので、どんどん人が入ってくるなんて事はないですが、のんびりしに来るとか、ふらっとよって見たとか、お得意様がわざわざ時間を作っていらしてくれたりくらいなもんです。

でも、アポを取って約束して来るより、空いている日がある方が、安心するとの事です。





今日も、17:00まで開催してます。
まったりお待ちしております。

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

畑から作る




小鮒草という、黄八丈(着物の名前)でも使われている染料で、綿帆布を染めてます。

上品ないい黄色。

| | コメント (0)

«組み合わせと宣伝と