2017年4月 8日 (土)

染料畑@土づくり




目指せ染料畑作り!

土づくりの最終工程。
魚粉を撒いて、耕す。





20キロの魚粉を5袋を、風に任せて袋をブンブンして巻きました。(魚粉、、高かったー)
身体中が、漁港の匂いで、猫と友好関係を気づけそうです(^^)

そして、耕運機でうなって。





昨日ゲットした、パッションフルーツの苗をセット。

藍や小鮒草は、別で種蒔きをしてからなので、ちょうどその頃に魚粉が馴染んでいる予定。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

春の展示会最終日




「古今」春の展示会の最終日です。
南房総は、今日も晴天に恵まれました〜。

本日も、13:00より開催です。
皆様のお越しを、心よりお待ちしておりますʕ •́؈•̀ ₎





季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(おおもり)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

春の展示会始まりました




南房総の老舗旅館、紋屋さんで展示会始まっております。

早速、何点か売れて行きました‼︎
ありがとうございます٩( 'ω' )و

南房総いい天気です。ぜひぜひ紋屋へ。
場所が、わからないなどありましたら、下記の携帯か、フロントへお願いいたします。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。





4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。

季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(おおもり)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。









| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

極厚刺し子のトートバッグ




極厚の刺し子をメインに、綿帆布を、紙のような質感に仕上げた紙帆布のラインを入れた、シベリアストライプ。

○シベリアは、カステラに羊羹を挟んだレトロなオヤツで、そのシベリアを元に作りました。

ポテッとした雰囲気が魅力です。

明後日、南房総で開催する展示会へは、この2パターンのトートバッグも並びます!





4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。

季粋の宿 紋屋

日時:4月2〜3(日.月)13:00〜17:00
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(オオモリ)

オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

春のコットンショール




来月の展示会に向けて、染めたり縫ったりの日々です。
いつもの事か。

あみあみコットンショールの、板締め柄が仕上がりました。





75×200の大きめサイズと、あみあみの生地目が可愛い、春にオススメのアイテムです。
板締め¥9,470(税込)
色無地¥7,850(税込)





柘榴で黄色に染めた後、藍の板締め絞りで、裾の部分を縞にしました。

たまには、アイテム紹介も(笑。。

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

展示会開催のお知らせ




4月の2.3日(日〜月)に、南房総の老舗旅館で、展示販売会を開催いたします。


季粋の宿 紋屋
場所:千葉県南房総市白浜町白浜232
電話:080-3313-5502(オオモリ)








こんなに広いお部屋




部屋からの眺め。
オーシャンビュー(笑




オリジナルの紙帆布トートや、新作の刺し子織を使ったトートバッグなどなど、皆様に選ぶ楽しみをお届けします。

当日は、セミオーダーも受け付けておりますので、こうしたい、ああしたいなどのご注文も、お受けいたします。

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

1dayshopのお知らせ




明日3月11日の1day shopは、13:00〜17:00のオープンになります。

小春日和の南房総館山で、皆様のお越しを心よりお待ちしております٩( 'ω' )و

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

新調しました




6年間愛用してきた、スチームアイロンが壊れてしまったので、新調しました。

10年大事に使おう。

午前中の作業途中、急に壊れてしまって、amazonに急いで注文をしたら、夜には届いてくれたので助かりました。

でも、午前中に頼んでその日に届くってすごいよなぁ。しかも、電気屋さんで買うよりも物によっては安く手に入るという便利さ。

田舎で仕事をしている僕としては、ありがたいサービスで、とても助かりました。

ヤマト運輸さんを始め、他方ありがとうございます。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

刺し子バカになる




刺し子を使ったバッグ作りに、より一層力を入れています。

刺し子を使いたいと考え始めたのは、4年前。刺し子を、定番として置いている仕入先であったのは、一昨年のこと。

天然染料との相性の良さに、日に日にベタ惚れ状態な私ですが、まだまだ刺し子織の事は、ほとんど知りません。ちゃんと調べていないというか。

なので、時間がある時に、もっと刺し子織について理解をしようと考えました。

要するに、刺し子バカになる!

☆ここで言う刺し子は、柔道着や剣道着、古くは消防団の半纏に使われている生地のことです。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

紙帆布:砧打ち作業




綿帆布を、紙のような風合いにする技法(加工)

紙帆布:paper sailcloth作りの、砧打ち作業。

小鮒草で染めた、黄色い生地は、自然にできる蝋ムラが良い感じ。

どこまでも手作業バカだと思う。

でも、僕みたいに個人でやっていると、中途半端にお金をかけて機械的にするよりも、手間と時間はかかるけど、手作業の工程を無理なくやる事が、お客さんへのアピールに繋がると考えてます。

人の手から手へを、より分かりやすく伝えたい。

でも、口説くならない様に。。。

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

日本の古布




昨年から、工房の代名詞にしたい刺し子織。

写真は、茜とミモザという天然染料で染めた後に、でんぷん抜染(ばっせん)という技法で、表面の色だけ抜いて、凹凸を際立たせて立体的に仕上げている様子。

刺し子織は、江戸時代〜最近まで火消し半纏にも使われたり、身近なところだと剣道着や柔道着に使われている布。

昨年この布を手にした時から、惚れ込んでしまって、各所に売り込んでます(笑。





これは、藍染した刺し子。

手前味噌なんですが、かっこいい(´∀`*)

色違いで、茜色のものもあったのですが、お客さんの元へ嫁ぎました。
大事に使ってくださっているようで、作り手としても嬉しい限り。


たまにこんなことを考える時があります。
繊維産業の大きく発展するきっかけになった、イギリス産業革命。
この時に、一世風靡したインド産のキャラコという綿織物。
これが、もしも日本の刺し子織だったら、どんなものが作られていたんだろう?という事。

そんな事も考えながら、商品づくりをするのが面白い。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

1day shop開催中




1day shop
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6609.JPG

毎月第2第4土曜日には、1day shopというのを開催しています。

普段の作業中は、工房を開けていないのですが、月に2回だけお店としてオープンしてます。
何でいつもやっていないの?と言われることはありますが、作業中に接客という事が出来ないし、かと言って、お断りするのも心が痛む。という事で、日にちを限定してオープンしている次第です。





人通りの少ない田舎なので、どんどん人が入ってくるなんて事はないですが、のんびりしに来るとか、ふらっとよって見たとか、お得意様がわざわざ時間を作っていらしてくれたりくらいなもんです。

でも、アポを取って約束して来るより、空いている日がある方が、安心するとの事です。





今日も、17:00まで開催してます。
まったりお待ちしております。

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

畑から作る




小鮒草という、黄八丈(着物の名前)でも使われている染料で、綿帆布を染めてます。

上品ないい黄色。

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

組み合わせと宣伝と




染め屋と言いましても、バッグも作っておりまして。
簡単にすると、生地を染める→バッグに仕立てる。を一人でやってます。
バッグ以外のアイテムもありますが、今のところメインはバッグ。





ネット販売もしてますが、写真では伝わりにくいことが多いので、展示会を開いての受注販売(セミオーダーも受け付けます)を、開きながら毎日コツコツと、仕事をしてます。

お店のバイヤーさんも呼べるような、少し大きな展示会に参加したり、セレクトショップで、展示販売会もしたいなぁ思っております。 

ご興味がありましたら、下記のメールアドレスまでご連絡いただけたら嬉しいです٩( ᐛ )و

天然色染屋 古今
代表:おおもり
kocon@nifty.com

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

漆黒色の刺し子





ログウッドと柿渋で、黒染めした刺し子を、でんぷん糊で作った抜染剤を使って、表面だけ色を抜きます。
この加工をする事で、刺し子の凹凸が目立ち、立体的に見せる事が出来ます。





この後、バッグに仕立てますー。

因みに、刺し子生地というのは、分かりやすいところだと、柔道着や剣道着、もう少し古いと、火消し半纏なんかに使われている布の事。

一昨年から惚れ込んでいる布で、今年は、商品展開も増やしていく計画。
もっと頑張らないと!

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

生インディゴ




生チョコ成らぬ、生インディゴ(笑。

昨年、実験的(この辺は趣味です)に蓼藍から作った沈殿藍を、乾燥させてます。
この藍を使った商品を、次回の展示会に、製品サンプルとして出す予定。

どんな仕上がりになるかは、サンプルが出来てからのお楽しみですが、染料としてではなく、顔料として藍を使います。

仕事とは別の趣味を持つ方が多い中、昔っから不器用で、仕事に関係する何かを趣味になってしまう私(汗。。。

勤め人の時からずっと。
いいのです。面白いから!と開き直って、日々布を観て、染料のあれこれを考えて、こんなの作ったら面白いかな?とか、寝る間際までそんな事を考えております。

他には、これ作るには、このミシンがあるとやりやすいし、綺麗に仕上がるだろな〜。
もっと、縫製の技術とセンスのレベル上げたい!とかね。

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

2月の「KUZIRA」1dayshop




毎月、第2.4土曜日は、「KUZIRA」1dayshopをオープンしております。

2月は、11日(土)、25日(土)11:00〜17:00まで

人気の紙帆布トートの在庫が出来ました!いつでも買いに来てくださいませ。







| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

展示会の打ち合わせでした




午後は、展示会の打ち合わせに、白浜の某旅館へ行ってきました。

どうやら、うちのことをご存知との事で、前向きに考えてくださっているご様子なので、嬉しいです。

少しアピール出来るもの(もちろん刺し子ね)を持ちつつ、お互いが良い方向へ進むような話をします。

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

畑を使いたい方募集




「畑を使いたい事業者さん絶賛募集!」

場所は、館山市高井240-8(当工房)の近くです。

染料畑として、使用する畑が少し広がったので、使いたい事業者さんを募集します。
※個人での使用はお断りしております。

「お店・販売用で使うハーブや野菜を育ててみたい。」

「実験で育ててみたい植物がある」

など、仕事に関わる事に限定させていただきます。

その他条件。

・定期的に通える方
・礼義などモラルのある方
・土を触るのが好きな方
・必ず宣伝にも使ってください

維持管理費は、当方で負担いたしますので、肥料などは自己負担でお願いします。

場所を見てみたい等、ご興味があればご連絡ください。

天然色染屋 古今
おおもり

メール:kocon@nifty.com

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

刺し子織りの受注してます!




お世話になっている、岡山のクロキ株式会社さんから、今年も刺し子生地を仕入れました。

細かいことは抜きにして、「ええ〜刺し子生地」なのです。





色見本や、抜染加工をした生地サンプル、製品にしたらどんな感じ?などの疑問にお答えできるよう、各種ご用意しております。
他にも、刺し子で何か作って欲しいとか、生地の仕入れしたいなどなど、お待ちしておりますm(__)m








革を使ったバッグは、古今が染めた刺し子を、大阪の福江さんが、バッグに仕立てたものです。
カッコいいでしょ〜。

| | コメント (0)

«1月の『KUZIRA』1DAYshop