« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

年末 -ねこ-

クリスマスから大みそかまでのスピードは相変わらず速いこと。。年末です。年末より年の瀬のほうが響きはいいかな?

クリスマスからお正月まで食べることが多い日々が続くだけに、気をつけなきゃと思いつつおいしいものはやっぱりいいし食べたいものだ。。

今年は染めの仕事を始めたりと、なんだかほんとに今年の感じじゃないけど『新』しいことだらけの1年だ。我が家の猫2匹とも勤めてた時は朝と夜しか会わなかったけど今はほぼ1日中顔を合わせるだけに、だいぶ仲良くなった感じがする。

Moko

まずはモコ

Cha_2

こちらはチャー。。

2匹とも性格は大分違うようなのだが、共通していることがある。それは自分に対して素直で正直なところだ。それは決して低脳なことじゃなくて自己矛盾がないということ。僕ら人間はどうしても、矛盾を抱えて生きていることが多い気がする。ない人なんていないんじゃないのかな?

本来は自分に対して素直で正直でいるのが一番いいことなのに、どうしても利害損得で勘定をしてしまうことが多い。左脳的な生き方だ。。

日本人というのは特に左脳より右脳的な方が性に合っているらしい。。あれこれ計算するよりも直感を大事にする考え方。もちろん直感を働かせるために勉強が必要だ・・・

来年はワタクシ、30歳でございます。もうではなくまだまだやっとです。特にこれといって30だからなんて思うことはないんだなこれが。

とにもかくにも染めて染めて染めて・・・

猫先生今年はどうもありがとう。。m(_ _)m

そして今後ともよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

ゆず『冬至』

ここ数年、冬至の日は我が家はいつも湯船に柚子を浮かべてあったまる。。

Yuzunomi

今住んでいるところには柚子の木があってそのせいか寒くなると冬至が待ち遠しい。まあ冬至にわざわざ会わせなくてもいいとは思うんだけど昔からの日本の風習にならってね。とはいったものの冬至前の先週、インフルエンザらしき症状に襲われて数日仕事になりませんでした。お待ちいただいたお客様、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでしたm(_ _)m もう全快して只今大急ぎで染めておりますのでもう少々お待ちくださいませ。。

Hana

そんな感じでちょっとお休みをしたときに自分なりに染めのことをネットやらでしらべてまして、染め方一つとってもいろいろな人のやり方があって面白いなって思った。

そんなこんなで僕が染めているやり方は昔の人の何分の一の作業なんだろう?なんて考えたら気になったのは『延喜式』、どうもこの延喜式わからないことだらけらしい・・・

染めに関して載っているのはその中の縫殿寮という項目のところ、そもそも単位からして今とは全く違うしさらにさらに人によって解釈が違うときたもんだ!

ここまで秘密主義的なこの延喜式の縫殿寮、気になる・・・

もちろん単位やらがわかっても細かい部分に関しては情報がないものなので、ある意味トリセツ。

実際はそれをもとにいろいろやってみて意図した色に染められるようにとことん試してみるしかないのが実際のところだ。 ということで、今ある情報の中でいろいろ染めているうちに、きっと縫殿寮にたどりつけるだろうと信じて、染めては失敗して考えてまた染めては失敗してまたまた考えてを繰り返すのが一番の近道なんだろうな。きっと・・・何て楽観的に考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

紅花染め研修

2日間工房をお休みさせていただいたのは、紅花染めの勉強のために京都へ行ってまいりまして、僕にとって師匠(勝手にですが)である手染メ屋 青木さんに丸1日みっちりご指導していただきました。

あれっ?2日間いったんでしょ?・・・もちろん2日間行ってきましたよ。1日は手染メ屋さんでお勉強、もう1日は素材探しに1日使って情報収集をしてきたのであります。。まぁ…ところどころお参りもしてきました、だってせっかくだし

で、紅花染めの勉強の成果はこれ、ピンク!!

Benibana01

右が絹で左が綿素材を染めたもの。今回使ったのは中国産の乱花だけど昔の職人さんは山形の紅餅を使って何度も何度も染め重ねることで韓紅を染め上げたりしていたんです。実物は見たことないんだけど韓紅見てみたいな・・・誰か持ってませんか?(笑)

紅花染めは1500年以上前に中国からシルクロードを通って日本に渡ってきたもので、手法や植物はさらに前にエジプトの職人が一番古く行っていました。っていうのが今のところの通説なんだけどなにやら、面白いことが最近起きているようで邪馬台国があったんじゃないかと言われているところから、大量の紅花の花粉が出てきたらしいんです。で、この花粉の量などから考えて栽培していたというには不自然。。
もしかしたら、もっと前から日本では紅花染めがあったのかも?なんてことになってるらしいんです。。

もちろんまだまだ噂の段階で確定したわけじゃないんだけどもしそうだったら面白いなぁって話。

本当のことはその時代に生きていた人しかわからないのが真実だと思うけど新しい発見があることでまた日本のすごさがわかるって楽しい。。

ここ最近だけど日本人っていいなぁ~

すごいなぁって思うことがある。

古今のサイト
http://kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ
まだまだです。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »