« インスタントカメラ『通称:バカチョン』~デジカメへ | トップページ | 桜が咲いた »

2010年3月31日 (水)

根元に大きなエネルギー

Koke01

『混沌としている今の世の中』なんて言葉をここ数年耳にすることが多い。きっとどんな業界の方も耳にすることはあると思う。

と、ここで写真のこと。赤紅(あかべに)の部分が一番エネルギーのあるところと例えるならば、中間の深支子(ふかきくちなし)はエネルギーを放出している部分で、その先に今後色づいていくであろう柔らかな薄萌木(うすもえぎ)、そしてそれは、今後太陽の光などの外部からの刺激を得て色濃くなっていくなんて見方を個人的にしてみました。

大事なのは根元の赤紅の部分でそれはあまり人目に着かないように短くてとっても濃いものが必要であるということ。そして一番長い深支子の部分は長くそれなりの時間はかかるがまっすぐに放出していくということ。ここで気をつけるのは赤紅を薄くしてはならないのが重要。ここを維持しながらまっすぐまっすぐ伸びていくことで、太陽のエネルギーをもらえる薄萌木の葉っぱを出すことができる。

あっ!中には違うのも見えますね。そこは各々の性格という風に多めに。。

そしてそして、薄萌木の葉っぱへ外部からの『良い』エネルギーを受けながら、成長していくと…

Sakura01

綺麗な花を咲かせることができるんじゃないかと思ったのであります。(近くの桜はまだもう少しでございましたm(__)m)

その後に、実になってパワーの塊である種を作ることで、自分の作りあげた『良い』エネルギー体をやっとここで分散することができるようになるんですね。

常に与えることをしていて、自ら搾取することはない植物(例外もあります)とても学ばせてもらっていることが多いです。

ありがとうございますm(__)m

ちなみに、上の写真はサクラではないです。
切り株に生えてた苔ですので。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ
よろしくおねがいします!

|

« インスタントカメラ『通称:バカチョン』~デジカメへ | トップページ | 桜が咲いた »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インスタントカメラ『通称:バカチョン』~デジカメへ | トップページ | 桜が咲いた »