« 珈琲豆の麻袋 | トップページ | サクラの前の桃の花 »

2010年3月23日 (火)

染料GDPアップ

3年ほど前から少しづつ染料を栽培している。
栽培していると言っても自宅では藍くらいしかできないので実家の畑の一部を間借りして育てているというかほとんど委託。。

地元の気候やら土のことを考えていたら、前に落花生の聞いた落花生のことを思い出した。落花生と言えば言わずと知れた千葉県の名産品の一つでピーナッツっていうより落花生の方がそのものがわかる特に感じにするとね。

祖母に教えてもらったんだけど、落花生は花が咲いた後、子房柄(しぼうへい)っていうのが伸びてってそれが土に刺さって実ができるんだって言ってた。

はじめって知った。面白い植物だなぁ、思わず感心してしまった。

そんで、おぉぉぉってなった。日本語の方がいいよほんと。。

これはピーナッツじゃなくて落花生だって思ったよ。さらに厳密に言うと日本では殻がついたのを落花生で皮をむいてあるのをピーナッツってわけてるんだって。

この辺はちょっとややこしくてどうでもいいけど。

八街が有名だけど千葉県内でも土の性質が違うのも最近しって、八街の土質は落花生にはとってもマッチしているみたい。

あんまり詳しくはわからないんだけど、小さい時に話を聞いたようなうる覚えです。

と考えた結果自宅ではなく実家がよいなぁと勝手に思いまして、種まきと収穫だけは参加して肝心のプロセスには全然タッチしてないなんともおこがましい息子なのだ。ほんと申し訳ないm(__)m

今年は、たで藍はもちろんのこと只今量産中の六葉茜に今年は小鮒草の種をまくのだ。後は長期的にかかるヤシャブシと臭木の苗がどんな成長をしてるか気になるところ。

Kusaginae01

今年新しく仲間に入る小鮒草は別名:八丈カリヤス。あの黄八丈の黄色の色で使われている植物。実は2年くらい前に探して探して、もういいやってあきらめてたんだけど、去年譲ってもらった大事な代物。

植物自体は強いということなのだが、『ちゃんと育てなくてはいかんぞぉ』ということで八丈島の気候となるべく近いところいえば、実家のある房総の方が一番適しているであろうと、推測して今回もお願いすることにした。

『いや、めんどくさいからじゃなくてちゃんと育てるためだよ。あとはほら、GDP増やさないと・・・』ともっともらしいこと言って半ば強引にたのんだのだ。

Taneue01

さてと種まき種まき

http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします。ヽ(´▽`)/

|

« 珈琲豆の麻袋 | トップページ | サクラの前の桃の花 »

国産の染料を育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珈琲豆の麻袋 | トップページ | サクラの前の桃の花 »