« 今週の本:職人衆昔ばなし・齊藤隆介 著 | トップページ | チューリップの目立ちすぎる主張。。 »

2010年4月 8日 (木)

天然のクエン酸!?

Umenomi01

少しづつ青梅がふっくらしてきた。去年はほとんどできなかったのだが今年は期待できそうな予感。。自分で頑張って剪定をしたのです。

梅の枝の伸びの速さはほんと感服しました。そろそろかなぁ~なぁんてしてたらあっという間につんつんつんつん伸びるんですなこれが…

それはともかくとして、剪定したかいがあったのか今年が当たり年なのかわからないものの今現在で結構な数が見れるんです。それでまた色が可愛いこと可愛いこと、でも青梅って毒があるんですよね。あの青酸でしたっけ?そう思うと最初は触るのをちゅうちょしました。

おととしは、梅酒じゃなくてシロップを作ったので今年はどうしようか今からワクワクしておるのでありますが、なんとこの梅がクエン酸になるんですよ!ってそんなに驚くことでもないんですけどね。梅干し食べてればなんとなくわかるでしょって。

そんなこんなで今年は乾梅皮なるものを作ってみようかと思ってるんです。それで紅花染めをやってみようなんてひそかに考えてましてね。。今でも紅花染めを昔のやり方でちゃんとやると、クエン酸には烏梅っていうのを使うんですけど、これがまた自分でとなると周りに民家がないところでじゃなきゃできないしかけなんでございますよ。それに比べて乾梅皮は皮を天日干しにすればできるそうなのでこれならば出来そうだし、せっかく梅があるならやってみようかなと、ただどのくらいになるかは資料がないのでお楽しみなんだけどね。。

個人的に思ったことだけど、使っている染料が植物などの天然染料である以上は、こういったところにもすこしづつ目を向けるようにしないと、結局のところ自然循環の枠の外になっちゃうんだろうなぁと。絶対ではないけど必要なことだと思うんですこれが…

視点を少し変えることによって、違ったものを見ようとする柔軟な目を持つことは、今特に大事な気がしました。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ
ど~も~<(_ _)>

|

« 今週の本:職人衆昔ばなし・齊藤隆介 著 | トップページ | チューリップの目立ちすぎる主張。。 »

国産の染料を育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の本:職人衆昔ばなし・齊藤隆介 著 | トップページ | チューリップの目立ちすぎる主張。。 »