« 花火大会まで | トップページ | 公園の遊具 »

2010年7月 9日 (金)

柿渋染め:その3

Kakisibu01

なんでそんなに柿渋染めを押すの?と思われるかもしれません。が、柿渋で染め上げた布などは使い込むほどに変化が楽しめるのがとても面白くて、間違いなく愛着を持ってもらえること思うんです。

個人的に作業してて面白いのが、柿渋のなんとも言えない臭いにつられてどこからともなく虫が飛んでくるんですね。。蓋を閉めるとまたどっかとんでっちゃうんですけど。なんだか5、6匹突然やってくるんでたまにびっくりしつつも、おっまた来たな。なんてね

着れば着るほど色が濃くなっていったり、擦れたところに当たりができたりして自分なりに変化させていくことができるのが特徴なんです。選択した後にわざと日に当てて色をもっと濃くすることもできるし、ちょっと裏技で重曹を溶かした水に入れてこげ茶色にするなんてことをする方もいらっしゃるみたいですよ。。

もうすぐ梅雨が明けて、日差しの強くなると『柿渋染が旬!』…って食べモノっぽい感じになってしまいました(笑)

ジーンズ、靴、バックなどなど厚手の生地のものには特におススメです!!

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。<(_ _)>

|

« 花火大会まで | トップページ | 公園の遊具 »

✹染めのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花火大会まで | トップページ | 公園の遊具 »