« 最近のいただきもの | トップページ | 水滴:雨上がり »

2010年10月 1日 (金)

10月は小鮒草で承和色(じょうわいろ)を染めよう

Kobunagusa01

小鮒草(コブナグサ)の今の姿。可愛い穂がたくさん出てきました。。

10月23日、30日の2日間(土曜日)おこなう天然染料ワークショップは、承和色(じょうわいろ)を染め上げます。

承和色(じょうわいろ)というのは、833年~850年まで在位についていた、仁明天皇(にんみょうてんのう)が、とても黄色い菊を好み、宮中にたくさん植えて楽しんだり、衣装にも黄色を用いたというくらい、大の黄色好きだった事から、天皇が在位中であった承和の年号を、使って承和色と名付けました。。

実は、黄色というと庶民の色とされていることが多いのですが、この時代は違ったんですね。。案外庶民派だった?なんてことは絶対にないでしょうけど、好きなものは好きだ!と言えるところがいいですね(笑)

昔は、キハダや刈安で染められていたようなのですが、今回使用する染料は、小鮒草(こぐなぐさ)です!!
小鮒草は、別名:八丈刈安といって、とくに東京都の南の方にある、八丈島で多く生育していたということと、有名な黄八丈の黄色として用いられている染料です。

ちなみに、今回使用する小鮒草は、千葉県の南房総産。。
今年の春ごろから種蒔きをして、栽培したものを夏に刈り取ったものなんです。
なんでまた、南房総で?と言いますのは、まず一つ目は、当工房に植えられるようなところはございません(笑)。。というのもありますが、八丈島でよく生育していたということは、温暖なところが適しているんだろう…それじゃあ~南房総しかないかな!というようなけっこう安易な発想です。
とはいっても、しっかり色素も含まれていて立派に育ちましたよ!

Kobunagusa02

写真は、8月の南房総にて。。

南房総ですくすくと育った小鮒草を使って、古の年号の名をもらった承和色を染め上げましょう!!

それから、黄八丈で使われている染料、ということで、定番のシルクストールの他、帯あげ(ちりめん)もご用意いたしました!!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

よろしくお願いしますm(__)m

|

« 最近のいただきもの | トップページ | 水滴:雨上がり »

✹お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のいただきもの | トップページ | 水滴:雨上がり »