« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

緋色を染めよう!の報告

Akeirotaiken02

先日行った、『六葉茜を使って緋色を染めよう!』の報告です。

今回は、親子でご参加いただきました!

煮出した真っ赤な染料に、ストールを入れて一回目の染め作業中です。

始まりは、染料を煮出しながらの雑談だったり、草木染めをやられるのがはじめてとのことでしたので、染料はこういったものがあってとか、茜のことだったり、媒染はこういったことなんです。。などなど、お話しをさせていただきながらのゆっくりとしたスタートでした。

使う染料は、六葉茜(西洋茜)です。この六葉茜は、育て始めてから4年たったもの使いました。なんでも、赤の色素ができてくるのが、2年以降ということで、待ちに待っていた染料なんです。

手前みそですが、けっこう贅沢な企画かな?なんて思ってます(笑)

Akeirotaiken03

その後は、明礬で媒染します。 この時点で、かなり赤みが強くなってますね。

Akeirotaiken04

で、2回目の染め。

茜は、他の染料と違って、少し高めの温度で染めてます。そうすることで、赤みが強く出ます。

Akeirotaiken01

最後はよくすすいだ後、脱水して完成です!

本当に綺麗な緋色に染めあがりました。

染め自体が初めてとのことでしたが、とても喜んでいただけたご様子で一安心です。

緋色は茜で染める、代表的な色の一つで、太陽が光り輝いているような色のことを言います。まさに、そんな色が染まってましたね。。

Oさん長い時間お疲れさまでした。ご自宅でも、楽しんでいただければ幸いです。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

ある日の空

Nibiirosora

純色の空が広がっていました。。

ここ最近思うことは、人間味のある人はすごく親しみやすい、ということです。

人間味とは何か?あくまでも個人的な解釈ですが、自分をオープンにしている人のことのような気がします。だからといって、人の嫌がることはせず、言葉遣いが丁寧な人。

自分の短所を隠したいと思う傲慢な部分がまだまだあるのですが、そういう気持ちで人と話した後は、反省が多い気がします。

オープンにするというのは、わがままでいるということではなく、素直でいれることです。

とても素直人は、謙虚な人が多いです。。

自分には、もっと修養が必要だな。と最近感じました。

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

医療の行く方向は?

Sazanka01

先日、眼科へ行ってきました。

改めて思ったことは、医療ってなんだろう?です。

比較的近所にある、総合病院は本当に酷いもので、受付の人、看護師の人のとてつもない不愛想な姿、別にロボットでもいいのではないかと思ってしまうくらいでした。『医者もとりあえず薬を出しますね。』のとりあえずなのも気になりますが、1回に3種類もあったりと、なんとも不思議な気がしました。。

設備、体勢などは総合病院の方が整っているのかもしれませんが、患者(お客様)という見方をすると、とてもびっくりするくらい失礼なところでした。

本当に異様な気分にさせられます。

そんな思いから、眼科へは開業医の方へ行ってみました。感じとしては、清潔感もあり、待合室などは綺麗に整っていましたが、受付の人、看護師の人は、総合病院と大して変わらない印象です。無愛想なのには意味があるのかわかりませんが、笑顔がないというのと機械的な動きには、疑問を感じます。

特に希望していないのに、視力の検査をしたりするのも意味がわかりません。(サービスではなく、しっかり検査料金を取られていますが、検査結果と思っていたら、ただの明細でした(笑))

無駄に薬を出したりということはなかったのですが、疑問に思うことがけっこうありました。。医者とはいえ、ビジネスには違いないのですが、何か違和感を感じます。

診察していただいた、女医さんの言葉が丁寧で、話も聞き取りやすくとてもいい印象があったので、診察結果には間違いないとは思いますが、また同じ所へ行きたいか?というと、考えてしまいます。

医療は、命を扱う仕事だったりということを、世間にアピールするためのポーズばかりではなく、しっかり向き合ってほしいと思いました。

こういった姿勢を見ていると、代替医療を患者さんが希望する理由もわかります。大きな病気やけがになればなるほど、不安が大きくなると思いますし、ちょっとしたことでも、はっきりしない部分があると疑いたくなってしまいます。

政治・医療は特にですが、国の行く方向や人の命にかかわることに、利己的な考えばかり持ち込まないでほしいと思います。

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

鹿島神宮

Kasimajingu01

先日、鹿島神宮まで行ってきました。。

この日は、七五三の家族がたくさん来ていて、入口からなんだかめでたい気分ですごくきもちがよかったなぁ。

めでたい気分を味わいながら進んでいくと、奥宮までの参道。

とても空気が澄んでました。その途中には、奈良ではないのに神の鹿がいたり、さざれ石があったりと、これまた貴重なものを見れました。。

奥へ奥へ進んでいくと、奥宮があり、香取神宮とは形の違う要石(香取神宮は凸で鹿島神宮が凹)この要石で地震を起こす大ナマズを串刺しにしておさえているのだとか…鹿島神宮は頭、香取神宮は尻尾を抑えているそうです。しかも、掘っても掘っても石を掘り出すことはできないのだとか。。不思議です!

そのあと御手洗池へ

Kasimajingu02

ものすごく、澄んだ水(山のわき水)の中に鯉が何匹も泳いでいました。

この池は、七不思議があるそうで、なんでも大人が入っても、子供が入っても胸の位置までしか水がこないという伝説があるそうです。。

ほんと綺麗でした。そして、脇で売っているみたらし団子をほおばってしばしの小休止。。

天気も良く、満喫しました。。なんだかパワースポットらしく、パンフレットを持っている若い集団を何組か見ましたが、地元の人が多い気がしました。。

こういったよい空気のあるところは、大事にしていきたいですね。

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

紅葉はじめ

Kasimajingu03

だいぶ秋めいてきましたね。。

秋になると、暖かい色がだんだん増えてきます。それが過ぎると木枯らしが吹いて、暖を求めたくなってきます。。

日本人らしさはなんなのか?というのはわかりません。

ただなんとなくですが、日本人の性質は、四季と日本語で創られているような気がしました。

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

お・く・り・も・の:霜月 手の仕事展Ⅲ

Tenjikai01

お世話になっている、cocoon さんから展示会の御案内が送られてきました。

お・く・り・も・の:霜月 手の仕事展Ⅲ

袋物・ストール・風呂敷・扇子・帯・きもの・・・・
あれやこれ 今回は贈り物にもお使いいただけるこものがそろいました

Tenjikai02

だんだん寒くなってくる季節ですが、なんだか、すごくホクホクしてしまいそうですね。。

月末が楽しみです!!

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

みのむし:学は真似る

Minomusi

大きなミノムシ。。

内側は、防寒対策もバッチリで綿毛のようなもので覆われているんですね。

まじまじと見るとすごくあたたかそうです。

人間の建築などで使われる断熱材などはこういったところを参考にしたんですかね。。

『学は真似る』なんて言葉がありますが、こういったことも一つの真似なんだと思います。

人よりも虫や動物、植物の方が、勝っている部分が多いなぁと感じた瞬間でした。

Mutubaakane01_2   

4年分の色素を貯め込んだ六葉茜で、クリスマスのプレゼントに緋色(あけいろ)のストールを染めよう!

お申込み詳細はこちら⇒ http://kocon.a.la9.jp/event.html

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)ml

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

六葉茜を使って緋色を染めよう!

Mutubaakane01

11月の27日(土曜)に、六葉茜(西洋アカネともいいます)を使って、茜で染める代表的な色の緋色(あけいろ)を染めあげます。

かれこれ4年ほど前の2007年、染めの仕事をしたいと思いはじめた頃のことです。

趣味として始めたころは、その辺に生えている草木を採って染めてみたり、染料店で買ったものを使ってみたりしていました。

もっと興味が出てきたころになると、自分でも染料を育てて見たいと思い初めて、せっかくなら、その辺に生えているものではないものがほしい、と欲が出てきて育て始めたのがきっかけでした。

茜が赤の色素をつくりだすのが2年以降ということで、倍の4年の間待ち続けた六葉茜で染めあげる、緋色(あけいろ)のストールをクリスマスのプレゼントにもぜひいかがですか?

ご予約、その他お問い合わせはこちら

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

コブナグサワークショップのご報告

Kohunakusa

先日の30日にワークショップのご予約をいただいたのですが、台風の影響もあり、11月3日に延期させていただくことになりました。。

ということで、3日は快晴にも恵まれて、無事に開催することができました!

今回使用するコブナグサは、今年の春から南房総で栽培していたものを、夏に収穫したものを使っています。。八丈島では、黄八丈(八丈島で作られている絹織物)の黄色として使われているもので、刈安のような黄色を染めることから、別名:八丈刈安とも言われています。

染料として、とても優秀なコブナグサを使って、承和色(じょうわいろ)を染めようというのが、今回のワークショップです。。

今回はご希望により、当店のオリジナルアイテムの『WG大きめショール』をお選びいただきました。。

ありがとうございますm(__)m

Kohunasome

…間の工程を写真を撮るのをそっちのけで進めてしまいまして、少々飛んで、1回目の浸け染めのところです。。

この後、さらに媒染をして、浸け染めをします。

その工程を繰り返すと、、

Kohusakannsei

くすみの少ない澄んだ黄色の『承和色』が染まりました!

今回ご参加いただいたMさんは、カメラがお好きということで、体験終了の後に、こういうシチュエーションのときは、この設定だときれいに撮れるとか、商品とるときは、この設定にすると、可愛く撮れるなどなど、いろいろ教えていただいちゃいました!!

説明書を読むより、だんぜん詳しい方に教えていただく方がいいですね。。Mさんの説明もすごく、わかりやすくて、すごく得した気分になってしまいました。。

Mさんワークショップの御参加、と写真の撮り方などなどを教えていただき、ありがとうございました。。

次回は、コブナグサと同じく南房総で育った、西洋茜を使います。詳しくは近々お知らせします。。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

柚子胡椒を自家製で

Yuzukoshou

今年は、柚子がたくさんなりました。。

いつもほとんどが柚子湯になってしまっている我が家なので、今年はもう少し実用的なものにしよう!というわけで、柚子胡椒をつくってみました。

青い柚子と青唐辛子と塩だけでできるということで、さっそく。。青い柚子と青唐辛子を細かくみじん切りにして、フードプロセッサーなるハイカラのものはうちにはないもんで、すり鉢と擂粉木でひたすらゴリゴリゴリゴリと擂りまして…

柚子の皮はいい感じにペーストになったのですが、青唐辛子は少しざっくりと残ってしまいました。

最後に塩を入れてよく混ぜてあとは冷蔵庫へ。とざっくりとこんな感じで作ってみました。参考にしたのは、もちろん『クックパッド』!!

ほんと便利な『クックパッド』。。

ちなみに写真は、3日間冷蔵庫へ入れておいたものを、味見してみようってことで、鶏肉をただ焼いただけのものにつけて食べてみました。

味は…ありでした。。ちょっと塩気が強かったのですが、アリです!!

これから、鍋ものとかその他もろもろが美味しくなってくるので、大活躍しそうな予感です!

Yuzunomi2010

今現在の柚子の様子。。

だいぶ黄色くなってきました。これまた冬至に入る柚子湯が楽しみです。。

黄色の柚子でも柚子胡椒ができるそうなので、また作ろうかな。。。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

冬じたく

Koorogi01

そろそろ冬じたく。

コオロギは洞穴の中で冬を越すみたいです。

こういったところをみると、アリとキリギリスの話を思い出します。

キリギリスは、特になにもせず遊び呆けて結果として冬を越せない。一方アリはというと、コツコツと働いて冬の支度をして、ちゃんと冬を越せる。そして、アリは困っているキリギリスに食べ物を恵んで上げる。その後、キリギリスは食べモノの代わりにバイオリンを演奏するという物語ですね。

だとしたら、キリギリスはとても合理的な生き方をしたなぁと思うんです。自分の得意な音楽と歌があったから、生き延びることができたのだから。。

いまでもまだ、悪いところを修正させるやり方を聞いたりすることがあるのですが、どうも遠回りなのではないかと思ってきました。もちろん、絶対必要なことはやるべきですが、すごく細かい部分まで指摘してそこを直させる、完ぺきを求めるような風習がまだあると思います。

みんながみんなアリではなくて、キリギリスでもいいんじゃないかなぁ、、と思いました。プラス当然のことですが、アリのように助け合いを大事に出来れば最高な気がします。

あくまでも個人的にですが、アリのようにならなくてもいい!そんな風に感じました。。。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »