« 上から水仙 | トップページ | 無題 »

2011年1月27日 (木)

太鼓持ち

Nikukyu01

2年ちょっと前から、我が家の猫になったチャー♀の足です。

ここ最近、やっと毛並みが整って綺麗なつやがでてきました。怪我をして、うきにくくなっていた足も大分動くようになってます。。

特に意識してやっていたわけではないのですが、我が家の猫にはよくほめてあげるようにしています。特に意味がないような、おとなしくしている時や、ちょっとしたことでも、ほめてあげます。。

まぁ、野良の時よりリラックスしていることもあるかもしれないですが、だんだんと性格も穏やかになってきて、おとなしくなってきたんです。もちろん、足の調子も良くなってきて、走ったり、ちょっとした段差ならジャンプできるようになりました。

動物や植物にも、話しかけたりすることで、意外と伝わってるみたいです。

こんな曲聴きながら読むと、ちょっと楽しいかも(笑)

上の話とは、ちょっと違うのですが、先日、TRbookcafeのマスターとツイッターで『太鼓持ちブーム?』みたいな話になりまして、太鼓持ちって言っても、某お笑い芸人さんみたいに、完全なゴマすりって言うものではなくて、ちょっとしたことで、相手のことを、『褒める』感じです。

世間では、啓発本やらビジネス本などで、自分自身のモチベーションアップやスキルアップの内容のものが多い気がします。。もちろん必要なことだし、とってもいいことです!僕も何冊か読んだことがあります!とても良いことが書いてあるし、勉強にもなります。。

でも、それを読み続けて、自分のレベルを上げることばかりに気を取られてしまうっていうのは、いけないと思うんです。少なからず驕りになってしまうことってあるし、そこはすごく気をつけなければいけないところです。

結局のところ、そこから離れてこそ、身になってると思うんですよね。

となると、自分は理解できたから、それを人に教えてあげよう。になってしまうことがあったりもします。実は、啓発とか、スキルアップって、ひとそれぞれ合う合わないがあるはずなので、押しつけるようでは、ただの傲慢や独善的でしかありませし…

話は戻って、相手の喜ぶところを、『太鼓持ち=褒める』ができれば、嫌な気になる人ってそんなにいないだろうし、もしかしたら、自身が気づかないいい部分を見つけ合うことができる確率もあがると思います。。

見つけてもらって自分で気づいたら、仕事やプライベートでも活かせるところは、どんどん伸ばしていければ、それこそ、ベストだと思うんです。なんだかんだいって、本に書いてあるような客観的なことや、いろんなところで聞いたようなことばかりだと、意外と自分に投下出来ていることって少ないと思うんですよ。

だったら、第3者から、自分だけのことを直接聞いた方が、絶対うれしいし、現実的だと思うんですよね。。

さらに、相手に興味を持つようになるし、よく理解するきっかけにもなる、はたまた細やかな気遣いができるようにもなると思います。。

だって、サービス精神ってどんな仕事でも大切だし、たいがい喜んでもらえることでしょうからね。自分にも、相手にもいい効果が表れると思います。

とはいうものの、全部が全部それで通用することはないだろうけど、大事だなぁ~と思ったことです。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

いつもありがとうございますm(__)m

|

« 上から水仙 | トップページ | 無題 »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上から水仙 | トップページ | 無題 »