« 移り替わる | トップページ | 4月9日は『朝市』です。 »

2011年3月30日 (水)

『藤色』染め体験のご報告

Hujiirosome02

26日の土曜日には『藤色』染め体験を行いました。。

余震がやっと少しおさまってきましたが、まだちょっと世間では落ち着かない中、1名様がご参加くださいました。。

こんな時にご応募いただくとなんか特別なお客様になってしまいます(笑)。。しかも、『藤色』がとってもお好きだとのこと、なんとも嬉しい限りです!

もちろん、全ての客様は平等ではありますが、今回は印象に強く残る体験になりました。

ということで、『藤色』を染めるためには、2種類の染料を使って、2工程を1日で凝縮してやってしまおう!とちょっとしたチャレンジ。。

まずは、下染めに何色に染めるのか?ということで、コチニールを使いました。コチニールって何かと言いますと、ピンクのかまぼこの色付け使われているのですが、正体はです!

Hujiirosome04

染料屋さんで売られているのは、乾燥しているもの。煮出すとどうなるか?ちょっと膨らむだけで、足とかは生えてきませんよ(笑)。。。

って、そんな話を織り交ぜつつ…ご参加いただいたのは女性だったので、抑えめにお伝えしたつもり。。

んで、コチニールがまた、とってもいい青味のあるピンク色に染まってくれるんです。

Hujiirosome06

こんな感じ。。色が違う風に見えるのは、ストールの織りの組成の違いです。

まずは、下地にピンクを染めてから、紫根を重ね染めする工程に入ります。

Hujiirosome05

今までの紫根染めの方法は、手でゴリゴリゴリゴリ力を込めながらやっていたのですが、今回は、もっと楽に抽出できるように、細かくつぶして、画像のような袋に入れて、揉み出すようにしました。今までは→こんな感じ

こうすることで、ほとんど力を加えることなく安定して抽出することが出来ました!

紫根の染め液を作って、媒染したストールを入れるとだんだんと、『藤色』に近づいてきます。

Hujiirosome07

染め液は、60℃をキープして

Hujiirosome08_2

媒染して、温度を上げていくと、染め液の色もどんどん紫に変化していきます。

そして、お待ちかねの…

Hujiirosome01

とってもうまく、染めあがりました!

時間は?というと、1時間ほどオーバーしてしまいました(汗)。。

それはそれとして、染めあがりにはとっても喜んでいただけたご様子。今回の進め方などなどで、僕自身が反省しなきゃいけないことはいくつもあるけど、喜んでいただけたというのは、次への原動力になります。

Tさん、今回の染め体験にご参加いただけたこと、心より感謝いたします。

ありがとうございました!

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

応援よろしくお願いします!!

|

« 移り替わる | トップページ | 4月9日は『朝市』です。 »

✹染めのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移り替わる | トップページ | 4月9日は『朝市』です。 »