« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月22日 (木)

緑の縞

Kokesen01

大きな台風が過ぎて、陽気がより一層秋に近づいた感じがします。

秋というと食欲の秋、読書の秋などいろいろありますね。いつもなら食欲の秋と言いたいところですが、先日、原因不明のはがしい腹痛に襲われて、30分くらいもんどりうったせいか、ちょっと控えようなどと今は思ってます。

今はそう思っていても、そのうち忘れちゃうんでしょ!と誰かに言われそうですが、今のところはそんな気分です(笑)。。

休日は読書とコーヒーが日課になっているのですが、せっかくなので、前に読んだ本を引っ張り出して、改めて読んでみようなどと思っています。

前に読んだ時と、今読んだ時ときっと解釈が変わっているところがあって、より深い理解ができるかもしれないです。。

そんなことを考えると、いちばん先に読もうと思うのは、中国古典の『老子』です。

孔子の思想よりも、どうやら『老子』の方が好きなようなので改めて読んでみようと思います。

『老子』の中で、一番好きな部分は、『上膳若水』上膳は水の如し

この部分は、新渡戸稲造氏の『武士道』の考え方に似ているような気がして、とても日本人にあっているような気がしています。

秋の夜長に、僕のおススメの本です。

今週の展示販売会『Dyehouse kocon』は、土曜日(9月22日)です!そろそろ、リネンストールがマストアイテムになる、秋がやってきました。11色をとりそろえております。

万が一お好みの色がない場合でも、お気軽にご相談ください。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

下のアイコンをぽちっとしていただけると、嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

位置づけ

Karehana02

何かの判断基準をつけるために、わかりやすくその事物に対する位置づけをすることが多い気がします。

あくまでも、複雑に作られたものや、作業場を効率よく進めるためのものなど、いい面もあるのだけど、どうやら、僕らは、何に対しても比較対象を作り、位置づけをしないと認知しづらくなってしまっているのではないかと思う。。

しかし、その行動がはたして対象のものの本質を見ているのか?最近はそう思うようになってきたのです。

あらゆる情報の波にさらされているので、比較することも簡単、評価することも簡単になってしまい、その事物に実際に触れることなく、なんでも裁いたり評価をしてしまう。。

それは、外部からもたらされる他の価値観(作られた常識)というフィルターを目の前にかけれらてしまって、本当は赤いものが、黒や茶色に見えてしまっているような感じ。

疑うのは良くない、と思うかもしれないけれど、正しい疑いは持つべきかもしれない。

そんな風に最近は考えるようになってきました。

そういった視点を作ることで、新しいものが見つかったりするかもしれないとか、期待したりもしています!!

だんだん捻くれてきているだけかも(笑)

今週の展示販売会『Dyehouse kocon』は、土曜日(9月17日)です!そろそろ、リネンストールがマストアイテムになる、秋がやってきました。11色をとりそろえております。

万が一お好みの色がない場合でも、お気軽にご相談ください。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

下のアイコンをぽちっとしていただけると、嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

秋におススメのストール~その2

Somewake01

前回のその1 に続きまして、今秋に当工房おススメのリネンストールについてです。

その1は、当工房で扱っている、リネンの特徴について触れましたが、今回は、使いやすいサイズについてお話したいと思います。

60㎝×180㎝(房各5センチ)。これが、工房のリネンストールのサイズ。

大きさだけで言うと、ショールとストールの間くらいのサイズで、ちょっと大きめかな?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、クシュクシュっとさせることで、60㎝もある幅のストールが、ちょうど良いサイズになるんです。

そして、クシュクシュっと縦ジワをつけないと、さっと羽織れるショールにもなってくれる。そういった、ちょっとした機能性が高いのもこのリネンストールの特徴なんです。(一度縦ジワをつけてしまったものは、当て布をしてアイロンで伸ばしていただくか、洗濯するとシワはほぼなくなります。)

とても、使い勝手が良いと思いませんか?

それから、やっぱりストールといえば房!!

房がついてないとなんとなくしっくりこないですよね。。ストールのお洒落ポイントみたいなものですから(笑)。

もちろん、お使いになっていくにつれて生地の風合いも、柔らかくなって、肌触りも良くなりますし、なおかつ発色が良いです!

とくに、藍やカテキュー、五倍子などのタンニン系の鉄媒染は、ものすごく相性がいいです。

色は全部で、色無地が8種類。染めわけが3種類の計11色!

リネンストールのその他詳細はこちら

この中に、お気に入りの色がなくてもご安心ください。ぴったり合わせることはできませんが、ご希望の色をご提示いただければ、そちらに合わせて染めさせていただきます。。

もちろん、料金はそのままです!

それでは、天然の色をいつまでもお楽しみいただけますように。

今週の展示販売会『Dyehouse kocon』は、土曜日(9月10日)です!そろそろ、リネンストールがマストアイテムになる、秋がやってきました。11色をとりそろえております。

万が一お好みの色がない場合でも、お気軽にご相談ください。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

下のアイコンをぽちっとしていただけると、嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

秋におススメのストール~その1

Linen_st01

リネンストールが販売されるときにも、ブログで紹介したのですが、リネンストールが活躍する季節の秋になったので、改めて風合いのこと、使いやすいサイズのこと、当工房で扱っているリネンの特徴のことなどを何回かに分けて紹介したいと思います。

Rinenstol_some01

まずは風合いのこと、僕がこのリネン生地に惚れたのも、風合いがとっても良かったからというのもあるんです。

織元から生地の状態で直接仕入れ、ストールに仕立てているので、最初は特有のシャリ感が強くあり、ゴワついています。

しかし、染め、仕上げ洗いをすることで、程良いシャリ感を残してお渡しできることと、使い続けることで、少しづつ柔らかくなり、お客様の肌へどんどんとなじんていき、染め色とともに経年の変化でより風合いがよくなっていきます。

Rinenstol_some02
クシュクシュっと縦ジワをつけると、とっても可愛くふわっとします。。

そして、リネンの光沢!!(画像ではよくわからないですね 汗)

ヘンプやジュートには見られない光沢が、天然の色に品を与えてくれます。ナチュラルな感じがお好きな方には、綿のような落ち着いた色に染めあがる素材がおススメですが、キリッとした風合いがお好きな方や絹よりももっと気軽さが欲しい方にはリネンストールがおススメです。

リネンは、麻の一種ですので繊維がとても丈夫なのも特徴です。小さく折りたためるので、バックの中へ入れても邪魔になりません。少し肌寒い時などにも、大活躍してくれると思います。。

~その2へ続く

今週の展示販売会『Dyehouse kocon』は、土曜日(9月10日)です!そろそろ、リネンストールがマストアイテムになる、秋がやってきました。11色をとりそろえております。

万が一お好みの色がない場合でも、お気軽にご相談ください。

古今のサイト http:/kocon.a.la9.jp

下のアイコンをぽちっとしていただけると、嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »