« メロンみたいなもの | トップページ | 夏の軌跡 »

2012年8月29日 (水)

緑色ワークショップの御報告

先日の、25日は『常緑樹のような緑を染めよう』ということで、2名様にご参加いただきました。

緑というと、どこにでもあるようなありふれた色なのですが、実は、いざ草木染めで緑を染めようとすると、通常の染め方では、1つの染料では出来なんです。(特殊な方法で、染めることはできます)

色の構成で言うと、単純に青と黄色を混ぜることなので、今回は、インド藍の青と小鮒草の黄色を掛け合わせて緑色を染めました。

で、その前に、ひと手間かけて藍染めをする前に、絞りの柄を淹れてしまおうという企画です。

お二方とも、ビー玉の大小と輪ゴムを使って思い思いの場所へ、絞りの柄を入れました。

その後は藍染め。

Midori04


Yさんは、今回で3回目ということで、かなり慣れていらして、藍染めの際も濃さの調節にチャレンジしました!!。

僕の作った、藍染め液のレシピがちょっと濃い目だったので、思ったより少し濃いめに染めあがったしまいました(汗)。


ごめんなさいm(__)m

Midori05

しっかり藍染めをした後は、小鮒草の染め液で黄色を染めていきます。

順番で言うと、どちらが先でも良いような気がしますが、色が重なることを考えると、あとに黄色をいれたほうが、より緑らしくなります。藍を後にすると、青みが強く出るので、緑というよりは、青緑になります。

Midori02

Yさんは、ご希望で縮緬の帯あげを染め上げました。色も明るめの若竹色です。

Midori01

Kさんは、リネンレーヨンストールを染めて、端の部分を絞りました。

写真ではずいぶん青味がでていますが、綺麗な緑に染めあがりました。

まだまだ、暑い工房内でした。Yさん、Kさん、ご参加ありがとうございました!!

さてさて、来月は?というと、まだ決まっておりません(汗)。

早々に考えてアップしようと思います。

古今 http://kocon.a.la9.jp/

|

« メロンみたいなもの | トップページ | 夏の軌跡 »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メロンみたいなもの | トップページ | 夏の軌跡 »