« 緑の壁・青い扉 | トップページ | 秋の工房展のお知らせ »

2014年9月22日 (月)

覆いつくす

Goya01

商品には物語が必要不可欠になってきているわけですが、物語と言っても『お客さんの心をつかむような』というのが大前提としてある。

実際に、自分がバックなどのデザインを考えたり、生地を染めたり、などしている中で、物語は必ずある。ただしここでいう、物語とはプロセスのことなので、『お客さんの心をつかむような』と言われると、首をかしげてしまう。

物語と言われると、雑誌で見かけるのは、特注で作った生地や金具が注目されている気がするが、それをやっていては、原材料費が高くなりすぎて、お客さんの手元へ行く時には、とても高級なものになってしまいます。

それはそれで、悪いとは言わないけれど、何となく違和感を感じるのと、自分がやりたいこととのズレを感じる。
物語と言われるものはないのか?というと、物語はあるけれど、作る上ではごくごく当たり前のことをやっているので特別なことでは無いし、まとめることでフィクションになってしまうことが多い気がするから、これからもいわゆる物語しないつもりです。

ただ、お客さんに楽しんでもらう。商品を好きになってもらう。という視点から見れば、末永く大事に使ってもらう為には必要なことではあるのも事実。
だとしたらどうするか?を考えた時に、もしもの世界を作ればいい。というのを思い立地ました。

完全にもしもの世界だと、ただぶっ飛んだ奴になってしまうので、リアルに近いものを作ることにしました。
それが、6月にオープンした、セミオーダーバックアトリエ『KUZIRA』。
アトリエとはいえど、物語の設定のBARのような空間づくりにしています。

内容は、19世紀のイギリスの産業革命で、手工業から機械工業へと移り変わりの時代に『KUZIRA』というBARに集まる人たちの世間話。
そこに登場する、キャラクターの愛用しているバックを作っていくこと。それが、古今なりの物語の作り方です。

もうそろそろ、キャラクターのイラストを入れたいので、誰かにお願いしたいと思っているこの頃ですが、毎週土曜日、21:30~22:30の間に投稿しています。
よろしければ、『いいね!』も押しつつ、物語を楽しんでいただけたら嬉しいです。

KUZIRA+古今のページ

|

« 緑の壁・青い扉 | トップページ | 秋の工房展のお知らせ »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緑の壁・青い扉 | トップページ | 秋の工房展のお知らせ »