« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

この土地で思うこと

づらづらと雑感です。
和=今の日本の文化というより、異文化に近い感覚で見ているんだなぁ。と、最近つくづく思います。
好きとか嫌いでは無くて、生活の中で、「和」と言われて、すぐに出てくるのは、茶碗やお箸。
大半が洋になる。
もっと、縮小してみると、南房総館山の土着の文化というと、何があるのだろうか?食文化は、幾つかありそうだけど、それ以外の部分。
祭り・・・これは、個人的に懐疑的なところ。
少し、昔に触れる機会がありそうなので、そこからこの土地らしい文化(というか、こんなのあったんだ!という発見)といえるものに出会えるといいなぁと思いました。
開発されすぎていない場所なので、何世代も前のものに出会いやすいだけに、期待をしています。
年季の入ったもの、時間の経過と共に、より魅力的になったもの。
そういった何かに出会えるといいです。

地元愛みたいなものは、どうしてもよくわからないけれど、日本人でよかったな。と漠然と思う日々です。

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

オーダーバックの検診

Collect01

以前お作りしたバッグの定期健診(?)です。
ガシガシお仕事で使っていただけているようで、各所がいい感じに熟れて良い風合いになってます。


負担のかかっている箇所なども、触診の如くテンション上がりながら、チェックをさせていただきました。

その後は、久々にTSUMUGIで、ご飯を食べながら定例会議です。
地元にあるものを使って、付加価値をつけるには?というテーマ。(ざっくりするとそんな内容。)
今後に役立つアドバイスを貰えました(^-^)/

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

アトリエエプロンの制作

Apron01

アトリエエプロンのサンプル製作です。
バイヤス生地のポケットや、縫製には綿糸を使用し、製品染めならではの風合いを出して、古今らしい仕立てをしました。
紐も意外と色々な付け方があるので、仮止め中です。

Apron02

エプロンは、形、サイズ、ポケット等職業によって違うことを知ると、とても興味深いワークウェアの一つです。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

館山で、紅花染め体験

Benibanasome01

秋の入口の10月4日に、南房総館山で紅花染め体験を開催します。
『紅花で桃色ルームソックスを染めよう!(ルーズじゃないよルームだよ)』
とある一族が、戦国の時代に翻弄されながらも、土地に根付き伝わった紅花染め。
実は千葉県長南町にもルーツがあったのです・・・続きは体験で 笑
染めをやってみたい初心者向けの、入門ワークショップです。
『可愛く暖かく』をテーマに、これから足元が冷えてくる時期にあると便利なルームソックスを、桃色に染めます。
日時:10月4日 13:00~15:00くらい
場所:千葉県館山市高井240-8
連絡先:080-3313-5502(おおもり)
メールアドレス:kocon@nifty.com
地図:http://ow.ly/S8qXO
時間:2時間程度(おやつ付き)
費用:\4,350(材料費込み)
定員:5名様まで
持ち物:汚れてもよい服装、ゴム手袋
場所など、わからないことがあれば蒸気連絡先までお問い合わせください。

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

焼き豆腐がおいしい。

Tohu01

豆腐を、液体塩麹に漬ける美味しいです。
そのままも美味しいけど、飽きてきたので、色々のっけてみました。
大葉が一番うまい!
梅肉も合うし、クコの実もほんのり甘くて合う。
意外と微妙だったのは、柚子胡椒があんまりだった事。
その辺に、大葉が生えているので、もう少しの間だけ大葉食べ放題です。
最近は、虫の如く。

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

よく聞かれること

Senryo01

なんでこの仕事を始めたんですか?というのを、大概聞かれるのですが、これです!ってそんな単純なものでもなく、至るまでには、幾つかのきっかけがあるんですよね。
興味を持ち出した中で、何かわからないけど、惹かれた事というのがだんだん言葉として表せる様になってきたものがあります。
生地を染める。という事だけであれば、天然染料に限定しなくても良いわけですが、趣味に近い感じで始めてみたら、茶色っぽい根っこの煮汁から、綺麗な黄色の生地が染められる事などのギャップに、驚きと感動がありました。
そして、当時の私は、草木染めというと、行き当たりばったりが、草木染めの良さ。と思っていた事もありますが、勉強すると、結構コントロールが出来る事がわかると、より興味が湧いてきて、のめり込む様になってきた。とういうのも、一つの要因です。
そこまで来ると、生地との相性や、下地の具合、織りや編みの組成による染まる色合いの違い・・・などなど知れば知るほど、いろいろな事が出てくるのが、今は堪らなく好奇心か刺激されます。
なので、草木染めって一期一会だから良い。とか、草木を使うから良い。とか、自然にも、体に良さそう。とか、そういった事は、よくわかりませんし、あまり関心がないのです。
だからなのか、草木染めなのに?へ?
と、言われたりすることもあります(笑。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »