« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

サードウェーブ:丁寧な暮らし

Faricafe01

ブルーボトルコーヒーの影響で、40代の男性の間で、『丁寧な暮らし』というのが流行っているらしく、流行に乗るのがあまり好きではないですが、情報は得ておかないと!と思って調べてみると、自分の好きな浅煎りのコーヒー豆選んでを、自分でペーパードリップして淹れて、ブラックコーヒーを楽しむことらしい。

そうなんだ。

最近は、若者の流行りというよりも、男女ともに40代が輝いてきている傾向がある気がします。
僕は、30代ですが、仕事でお会いする方は、確かに拘りの強い40代が多いかもしれないですね。

それはそうと、最近の僕のコーヒーブームは、アレンジ(加工)です。
リューデスハイマーカフェもどきを作ってみました。
実際は、ラム酒と角砂糖を入れてフランベしてコーヒーを入れるようなのですが、ラムは、ノンアルコールにして、それっぽく淹れてみました。

調べてみると、コーヒーもお酒と合わせて色々なバリエーションがあるので、楽しいですね。

次は、お酒の入らないもので作ってみよう。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

バケツ型ランチバック

Baketsu01

ランチバッグ:バケツ型が3色仕上がりました!
船のロープをイメージし、持ち手は、若干太めに綿ロープを採用しました。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

技法:加工屋として

Sibusome01

『タンニン』。
古今の色を染め上げるのに、よく使う染料の成分です。
ブランド化というキーワードで、以前千葉のセミナーに行ってから、かれこれ5年くらい経つのかな?
その時から、加工屋なので、自分が前、作るものは後というやり方はどうしてもしっくりこず、加工方法で何かに特化させたいと思っていたわけですが、好きこそものの上手なれでしょうか。
一つ染めの名前を考えました。
『天然渋浸け染:てんねんしぶつけぞめ』

差別化という意味、ブランド作り、タンニン(渋)に特化した染め、古今らしさ、日本的な印象、色がイメージしやすいこと、タンニン+αでイメージを裏切るをポイントにしました。
特別どこかの工房で、修行もしてないし、どこの馬の骨かもわからん輩がなに生意気なことやってんだ!と言われそうですが、イロモノではなくて、ちゃんとした形で発展させていきたいものなので、あえて加工名をつけました。
いままでお作りしたお客さん、これからお作りするかもしれないお客さんとって、特別なものにしたいというのもあります。

|

2015年10月11日 (日)

秋の工房展のお知らせ

Dm2015

 
秋の深まる南房総館山の、古今+『KUZIRA』では、10月31日~11月3日の4日間秋の工房展『エプロンとランチバック展』を開催いたします。
コンセプトは、アトリエのお昼休みです。
ここ南房総館山では、個人経営のお店が多く点在しています。
そこで、一つ一つお店をアトリエと考え、エプロンとランチバックをデザインしました。
エプロンは、オーソドックスなものを含めて3型、ランチバックは、紙袋の形を布に変えたものを含めて2型制作しました。
新しい生地を使用したり、蜜蝋ワックスを使った撥水加工など、新しい素材を使うことにもチャレンジしております。
足をお運びいただけたら嬉しいです。
日時:10月31日~11月3日
1部:13:00~17:00
2部:19:00~21:00
場所:千葉県館山市高井240-8
連絡先:080-3313-5502(おおもり)
メールアドレス:kocon@nifty.com
場所など、わからないことがあれば上記連絡先までお問い合わせください。
地図→ こちら

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »