« 古布:日本のビンテージ | トップページ | 旬の菜の花@土のめぐみ館 »

2016年1月16日 (土)

古布:日本のビンテージ2




古布ネタの続き。

綿織物もあって、品質と言われると分からないですが、本当に良いもの(ブランド)だとしたら、ちゃんと登録票みたいなものが付いていると思う。

とはいえ、絣の反物と、端切れが何点か。

5センチ角くらいの生地だってちゃんと残してあるところが、当時の事がよくわかります。
ほぼ布を捨てなかったんですね。








今よりも、手に入りにくいからこその生活習慣。

小さな布でも、何かの補修に使ったり出来るから取って置く。
今は、洋服が手に入りやすいし、断捨離もあって捨ててしまったり、古着になったり。

だから、ダメだということは、もちろん思わないです。

その時代時代の価値観があって当然なので、何というか、布の使い方にもっと頭を使える様にならなければいけないなぁと。

|

« 古布:日本のビンテージ | トップページ | 旬の菜の花@土のめぐみ館 »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古布:日本のビンテージ | トップページ | 旬の菜の花@土のめぐみ館 »