« お家を建てる方へ | トップページ | ヨガ体験のお知らせ »

2016年2月28日 (日)

仕事の姿勢




初めの仕事をやっているとはいえ、業界内の年配の著名な方などは、ほとんど知らない。


作られたものに惹かれるので、名前を存じ上げないことが多いです。

でも、現役で仕事をしている方では、何人か尊敬している方はいます。

ご迷惑がかかるといけないので、お名前は出しませんが、染めや織りあげられたものがとても魅力があって、どうやってこう言った表現をしているのか?とか、色の出し方は?など、こと細かく見てしまうほどに素晴らしいものを作る方です。

何度かお会いした方もいて、共通しているのは仕事に対する姿勢が、半端じゃないという事。

ストイックという意味ではなくて、着るものならば、着用するお客さんのところまでしっかり想像をし、責任を持って仕事をしている事です。


実際には、ご自身は、染めの仕事しか携わらないのだけど、次の仕事へ渡す際にも、布の仕入先にも配慮をして、エンドユーザーさんの満足度をいかに上げるか?を常に考えています。

でもそれは、当たり前の事で、どの部分も良くなければ、完成品は出来ないが出来ないのだから。



別の職種から、脱サラして作り手になった方で、自分のアピールに力を入れるあまり、依頼品にもかかわらず、「俺の作った作品」や、作った俺に会えるのが得点。など意味不明な方な事を、平気でお客さんに押し付ける人を見かけるのがとても残念ですが、ちゃんとした作り手は、常にエンドユーザーさんの為の仕事をしているのです。


もちろん、僕もそうです。


お客さんに、末永く使って貰いたいから、出来る範囲のわがままもお聞きするし、作り手からのアドバイスをさせてもらいながら、ご希望に沿ったもの、お客さんにとっての特別を提供する。

それを実現するために、仕事で関わる織元や、資材屋さんとも良い付き合いをする事が大事だと考えています。

いわゆる、近江商人の「三方よし」です。
別の業種の方でも、関わる事があれば、その気持ちで付き合っていければお互いに良い出会いになりますね。

|

« お家を建てる方へ | トップページ | ヨガ体験のお知らせ »

✹ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お家を建てる方へ | トップページ | ヨガ体験のお知らせ »